COLUMN

【小室山】海と空が広がるフォトジェニックな小室山

2022/02/01(2022/08/16)
31
Akari Enomoto伊東市東伊豆
【小室山】海と空が広がるフォトジェニックな小室山

伊東市にある小室山(こむろやま)は、約1万5000年前の火山の噴火によってできたスコリア丘(きゅう)だ。溶岩のしぶきをスコリアといい、それが降り積もってできた山はスコリア丘と呼ばれている。2021年4月23日に山頂をぐるりとまわる木製の遊歩道が全面整備され、「小室山リッジウォーク“MISORA”(こむろやまリッジウォークみそら)」とカフェがオープンした。これまでの山頂とはがらりと雰囲気が変わり、以前の小室山に行ったことがある人は驚くかもしれない。山頂からの絶景はそのままに、よりゆったりと過ごせる空間となった。

 

ぐるりとまわる遊歩道で開放感を味わって

ぐるりとまわる遊歩道で開放感を味わって

山頂へは一人乗りのリフトか徒歩で登ることができる。ゆったりとした速度のリフトで、乗降時に係員の補助も受けられるので、誰でも安心して乗ることができる。10㎏未満のペットは抱っこしながら一緒に乗ることができるので、景色を楽しみながら山頂へ向かおう。

木製の遊歩道は全長約166m。山頂の自然な起伏を活かしてつくられており、山頂をぐるりとまわることができる。相模灘や伊東市街をはじめ、天気の良い日には富士山を望め、360度のパノラマビューが楽しめる。

「小室山リッジウォーク“MISORA”」の名前の由来は「海」と「空」が広がる紺碧の世界。名前の通り、海と空に吸い込まれそうな景色が広がっており、開放的な爽快感を味わえるのでついつい深呼吸してしまうだろう。

 

優しい色合いの店内とこだわりのドリンクに癒されて

優しい色合いの店内とこだわりのドリンクに癒されて

山頂にオープンした「Café・321(カフェさんにいいち)」の店名は、小室山の標高321mから名づけられており、真ん中の・は地図記号の標高点を表している。山頂の稜線に埋まるように建てられているのだ。

地層をイメージした優しい色合いをした店内は、全席オーシャン&スカイビュー。静岡県内初導入のマシンで抽出するオリジナルブレンドコーヒーや「小室山リッジウォーク“MISORA”」の世界感を表現したオリジナルドリンク、伊豆のクラフトビールなどが味わえる。

筆者のおすすめは海と空をイメージして作られたオリジナルドリンク「“MISORA”ヨーグルトフラッペ(ブルー)」。すっきりとしたヨーグルトの酸味とシャーベットの甘み、フラッペのシャリシャリとした食感が癖になる一品。爽やかな見た目とは裏腹に、意外とお腹にたまるので小腹をすかせておくといいかも……。

 

Café321展望デッキ

店内奥にはカフェ利用者専用のウッドデッキと展望ブリッジがある。

展望ブリッジは空中に突き出すように設置されており、手すりがすべてガラス材のため景観に溶け込んでいるようだ。フォトスポットとしてもかなり人気が高く、みんな思い思いのポーズをとって撮影している。

 

動き出しそうな恐竜たちにびっくり

動き出しそうな恐竜たちにびっくり

恐竜公園②

恐竜公園③

今にも動き出しそうな恐竜たちが潜んでいる恐竜広場もある。ティラノサウルスとトリケラトプスが戦っているところや、ゆったり歩くブラキオサウルスなどさまざま恐竜に出会える。お腹に穴が開いていて中に入ることができるディメトロドンでは「食べられちゃった~」とはしゃぐ子どもたちの声が聞こえてくる。アスレチックや滑り台など大型の遊具もある公園なので、お子さま連れにはぜひ立ち寄っていただきたいスポットだ。

筆者のおすすめはリフトで山頂に行き、恐竜広場に寄りながら徒歩で下山することだ。恐竜広場は小室山の中腹にあるため、リフトに乗るには来た道を戻らなくてはならない。ベビーカーは利用できないが、険しい道ではないので、遊んだあとそのまま歩いて下山するのがおすすめだ。ジュラシックコースでしか出会えない恐竜もいるので楽しみながら歩くことができる。

小室山公園

小室山公園

麓の「小室山公園」には10万本のつつじが栽培されている。毎年4月頃から見頃を迎え、真っ赤なつつじが絨毯(じゅうたん)のようだ。つつじ祭りも開催され、毎年全国より多くの方が訪れる。園内には背丈ほどのつつじのトンネルがあり、包み込まれているような気分が味わえる。

 

小室山公園つつじ

そして、写真映えするスポットとしてSNSでも人気があるので、つつじの甘い香りに癒されながら撮影を楽しんでみては。

また、園内にはつばき園もあり、4,000本の色とりどりのつばきを楽しむことができる。2月中旬から開催される「つばき観賞会」では、つばきの館にて一輪挿しや雛飾りの展示など趣向を凝らした作品が飾られる。なかなか独創的でおもしろいので、こちらもおすすめだ。 

小室山の基本情報

小室山リフト(こむろやまリフト)

住所:静岡県伊東市川奈小室山1428

駐車所:あり

運行時間:9:30~16:00 年中無休(ただし、点検・荒天時は運休)

料金:【往復】大人:800円 小人:100円

   【片道】大人:500円 小人:100円

TEL:0557-45-1444

URL:https://www.tokaibus.jp/business/lift.html

 

Café・321(カフェさんにいいち)

営業時間:10:00~16:00(ラストオーダー15:30)

TEL:0557-45-1444

URL:https://www.tokaibus.jp/business/lift.html

 

小室山公園(こむろやまこうえん)

住所:静岡県伊東市川奈1260

駐車場: 第1駐車場79台 第2駐車場28台 第3駐車場18台 大型駐車場156台

TEL:0557-45-1594

URL:http://itokousya.sun.bindcloud.jp/cn5/komuroyama.html

 

この記事を書いた人

Akari Enomoto

河津町在住。「Izu Letters」編集担当。大の猫好き。趣味は伊豆のオシャレなカフェめぐりと言いたいところだが、休日はだいたいお昼まで寝ている。最近、早起きをして行ったカフェは、伊豆高原にある「ねこカフェ にゃおん」。

TOP COLUMN 【小室山】海と空が広がるフォトジェニックな小室山