COLUMN

【下田ロープウェイ】伊豆三景の一つの絶景展望台。寝姿山自然公園へと結ぶロープウェイ

2022/03/29
6
Tomoya Tsuchiya下田市南伊豆
【下田ロープウェイ】伊豆三景の一つの絶景展望台。寝姿山自然公園へと結ぶロープウェイ

「下田ロープウェイ」は、地上から「寝姿山自然公園(ねすがたやましぜんこうえん)」までの全長540m、高低差156mの高さを繋ぐロープウェイ。ロープウェイを降りた後、視界に広がるのは「伊豆三景の一つ」と言われている伊豆の絶景。山頂には縁結びのご利益がある「愛染堂(あいぜんどう)」や、下田港が一望できる展望台が各所に設けられ、四季折々の花々を楽しむことができる。

 

 

下田ロープウェイ ゴンドラと景色

(写真提供:下田ロープウェイ)

 

下田ロープウェイ 外観

「下田ロープウェイ」のゴンドラは、水戸岡鋭治氏がデザイン

「下田ロープウェイ」のゴンドラは、水戸岡鋭治氏がデザイン

「下田ロープウェイ」は、2019(平成31/令和元)年8月にゴンドラをリニューアル。リニューアルにあたり、デザイン・設計は水戸岡鋭治(みとおかえいじ)氏が手掛けた。

水戸岡鋭治氏は、JR九州の「豪華観光列車ななつ星in九州」など、多くの車両デザインを手掛けてきた。横浜~伊豆急下田間で運行している伊豆観光列車「THE ROYAL EXPRESS」(ザ・ロイヤルエクスプレス)もその1つ。
ゴンドラの外観は、寝姿山の緑から引き立つよう「THE ROYAL EXPRESS」に合わせロイヤルブルーに。内装には天然木を使用し、落ち着きと品のある空間へと生まれ変わった。(写真提供:下田ロープウェイ)

 

 

下田ロープウェイ ゴンドラ

(写真提供:下田ロープウェイ)

 

下田ロープウェイ ゴンドラからの景色

ゴンドラからの風景

トリップアドバイザーから5年連続でエクセレンス認証を授与

トリップアドバイザーから5年連続でエクセレンス認証を授与

絶景と縁結びの名所として下田の人気観光スポットの1つが「寝姿山」。遠くから見ると女性の寝姿に見えることからこの名前がついた。
伊豆七島や天城連山を見渡すことのできるこの眺望は、「伊豆三景の一つ」と称され、トリップアドバイザー(世界最大の旅行口コミサイト)より5年連続で、エクセレンス認証を授与されている。

 

 

下田ロープウェイ 展望台

(写真提供:下田ロープウェイ)

 

寝姿山山頂は、季節の花々を楽しめるお花見スポット

銀葉アカシア

ミモザ(銀葉アカシア)

 

花桃

花桃

 

寝姿山山頂は、季節ごと様々な花を楽しむことができる。おすすめは、秋から冬にかけて開花するリトルエンジェル(サンショクノボタン)。咲き始めの花色は紫で、次第に花色がピンク色に変化する花だ。寝姿山の山頂公園内には、リトルエンジェルが約800本も植栽されており、時期になると多くの人が訪れるお花見スポットとなっている。

その他にも、春はパンジーやビオラ、ソメイヨシノ、アメリカジャスミン。夏は寝姿ブルーと呼ばれるアジサイ、ササユリ、ノボタン。秋はリトルエンジェル、ツワブキ、皇帝ダリア。冬は寒桜、河津桜、ミモザ(銀葉アカシア)、ロウバイ、水仙、花桃を楽しむことができる。(写真提供:下田ロープウェイ)

 

 

下田ロープウェイ 寝姿山 クスノキ

 

大きな岩を打ち割って成長したクスノキの木。強い生命力を感じられる。この周りを一周すると、末長く健康に暮らせると言われている。

敬愛・縁結びで知られている「愛染明王堂」

敬愛・縁結びで知られている「愛染明王堂」

遊歩道奥には敬愛・縁結びで知られている「愛染明王堂(あいぜんみょうおうどう)」がある。
本堂は奈良法隆寺の夢殿を3分の2の大きさに再現したもので(1974年6月11日 設立)、本尊として祀られる愛染明王像は、鶴岡八幡宮寺(現在の鶴岡八幡宮)愛染明王堂の本尊で仏師運慶の作と言われている。

 

 

下田ロープウェイ 愛染明王堂 ハート型の絵馬


良縁や結婚成就、子孫繁栄、夫婦円満などのご利益があり、たくさんの恋愛成就のハート型絵馬が奉納されている。毎年6月には愛染堂例大祭が執り行われ、祈祷後に絵馬やお守りなどが焚きあげられる。(写真提供:下田ロープウェイ)

 

 

下田ロープウェイ 愛染明王堂

 

「愛染明王堂の前では、「和(なご)み玉投げ」にも挑戦することができる。「和」と書かれた円板状の玉を手前にある∞の形の輪の間を通し、「和」の文字が刻まれた石に当てると願いが叶うといわれている。ぜひ「和(なご)み玉投げ」に挑戦し、良縁祈願をしてみてはどうだろうか。

山頂レストラン「THE ROYAL HOUSE」の内装デザインがすごい

山頂レストラン「THE ROYAL HOUSE」の内装デザインがすごい

下田ロープウェイ THE ROYAL HOUSE

 

ゴンドラリニューアルと同じくして、寝姿山山頂に「THE ROYAL HOUSE」がオープン。
こちらも水戸岡鋭治氏がデザイン・設計を担当している。贅沢に使用された天然木、丁寧に作られた伝統工芸が魅せる空間は、品格のある洗練された印象。

 

 

下田ロープウェイ ニューサマーサイダー

 

THE ROYAL HOUSEでは、「THE ROYAL EXPRESS」の料理監修も務める、「旬香亭」の齋藤元志郎氏と古賀達彦氏がメニューを監修。料理には、海の幸や旬の野菜を使い、飲料は生産地や製法などにこだわったものを提供している。(写真提供:THE ROYAL HOUSE)

 

 

下田ロープウェイ かき氷

 

「特製“桃”かき氷」。暑い夏に訪れた際にいただいた。山頂を散策して疲れたあとにいただいたので、実においしかった。桃の味がしっかりと感じられ、ほどよい甘さのかき氷。贅沢な雰囲気の中でいただけるのも魅力だ。

下田ロープウェイの基本情報

下田ロープウェイ(しもだロープウェイ)
住所:静岡県下田市東本郷1-3-2

アクセス:伊豆急下田駅より徒歩約1分
TEL:0558-22-1211
URL:http://www.ropeway.co.jp/

 

THE ROYAL HOUSE(ザ・ロイヤル・ハウス)
住所:静岡県下田市東本郷1-3-2 下田ロープウェイ山頂 寝姿山駅
TEL:0558-25-0005
営業時間:10:00〜16:30(L.O.16:00)
定休日:水曜日

 

この記事を書いた人

Tomoya Tsuchiya

南伊豆町在住。「Izu Letters」編集部の駄々っ子担当。編集長の悩みの種。最近フットサルを始めたが、全く周りについていけず体力の衰えを痛感。Izu Letters編集部の筋肉マンである部下に、筋トレを伝授してもらっている最中。ちなみに、お昼は筋肉マンと一緒にプロテインを飲む。

TOP COLUMN 【下田ロープウェイ】伊豆三景の一つの絶景展望台。寝姿山自然公園へと結ぶロープウェイ