COLUMN

【竹林の小径】伊豆の小京都・修善寺のフォトジェニックな散策路

2022/02/01
2
Ryoko Kawada中伊豆伊豆市
【竹林の小径】伊豆の小京都・修善寺のフォトジェニックな散策路

桂川沿いに旅館や商店、独鈷の湯や温泉街などが立ち並ぶ修善寺温泉。「伊豆の小京都」とも呼ばれ、歩いて散策可能な場所。温泉街ならではの雰囲気と風情ある町並みが魅力の場所で、数々の映画やドラマ、CM等のロケ地にもなっている。町を流れる桂川のほとりにある遊歩道「竹林の小径」は、情緒あふれるフォトジェニックなスポット。修善寺を訪れたらぜひ立ち寄りたい。

中央に置かれた円形ベンチで小休憩

中央に置かれた円形ベンチで小休憩

伊豆の竹林といえば「竹林の小径」。伊豆には郷愁漂うスポットは数多くあるが、「the 日本」を伊豆で感じることができるスポットだ。

「竹林の小径」は、1994(平成6)年から約3年かけて整備された遊歩道で、石畳が敷かれている。竹林の中央には竹でつくられた円形のベンチが。時間があったら、ぜひ座って自然を感じてみよう。風にそよぐ笹の葉の擦れる音が心地よく、目を閉じて耳をすませたくなる。比較的人が少ない朝に訪れることができたら、寝そべってみるのもいいかもしれない。心が洗われるような気持ちになれる。竹をそのまま使用しているので、長時間座っているとちょっとお尻が痛くなるかもしれないが、それはご愛嬌ということでご容赦を。

夜間の幻想的なライトアップに注目

夜間の幻想的なライトアップに注目

修善寺温泉街の「竹林の小径」周辺では、夜間ライトアップも開催。修善寺で活動している切り絵作家・水口ちはるさんの切り絵アートが円形のベンチに照らし出され、幻想的な雰囲気の影絵が映し出される。

近くの桂川にかけられた「恋の橋めぐり」をモチーフにしているそうで、橋の上で見つめ合う男女の姿がとてもロマンチック。なお、「竹林の小径」には入場無料のギャラリー「しゅぜんじ回廊」があり、修善寺の四季の様子が紹介されている。時間があったら立ち寄ってみては。

 

前だけでなく、ぜひ上も見上げてみて。竹の間から広がる空の風景もおすすめ。

 

紅葉スポットでもある修善寺。竹林越しの紅葉も楽しみたい。

 

竹林の小径の基本情報

竹林の小径(ちくりんのこみち)

住所:静岡県伊豆市修善寺桂川沿い 

TEL:0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

営業時間:見学自由

定休日:無休

駐車場:近隣の有料Pを利用

URL:http://kanko.city.izu.shizuoka.jp/form1.html?c1=7&c2=8&pid=2381

 

この記事を書いた人

Ryoko Kawada

福岡県出身、名古屋の編集プロダクションでデザイン・執筆の仕事をしたあと、2004年に静岡市へ移住。出版社でwebディレクターとして勤務後、2007年に取材・執筆・撮影・編集・デザインを生業とするフリーランスとして活動開始。静岡県内各地を飛び回りながら、静岡の魅力を発掘中。

TOP COLUMN 【竹林の小径】伊豆の小京都・修善寺のフォトジェニックな散策路