COLUMN

【龍宮窟】伊豆最大級の天窓がある神秘的な洞窟

2022/02/01
9
Tomoya Tsuchiya下田市南伊豆
【龍宮窟】伊豆最大級の天窓がある神秘的な洞窟

静岡県下田市を代表する景勝地「龍宮窟(りゅうぐうくつ)」は、ただの洞窟ではない。波の浸食でつくられた海食洞(かいしょくどう)になっており、天井の一部が崩れ、直径50mほどの「天窓」が形成された奇跡的であり神秘的な洞窟なのだ。この天窓の大きさは伊豆半島でも最大級であり、ジオサイトにも認定されている。天窓を囲む遊歩道から洞窟を見下ろすと、そこに現れるのは海食によって削られたハート型の岩壁。このハート型の地形がハートスポットとして有名になり、今では多くのカップルが訪れている。また、2020(令和2)年に発行されたフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で1つ星を獲得したことから、今後さらに盛り上がりが期待されるスポットなのである。

龍宮窟の内部からの景色が神秘的

龍宮窟_1

龍宮窟_2

龍宮窟への階段を降りて行くと、洞窟なだけあってひんやりとした空気が流れている。天窓が見えると、そこからは空の青さと太陽の光が。洞窟なのに空が見えて太陽の光も差し込むため、非常に神秘的で稀有(けう)なシチュエーションである。さらにこの風景に情緒を感じさせているのが、海側に空いた穴だ。この穴からほんの少しだけ見える青い海と空、そして差し込む光は、その先に広がる景色に対しての想像を掻き立て、この洞窟により神秘性を持たせている。ハートスポットとして、上から見るハート型の景色や、天窓を仰ぐ景色が好きな方も多いかとは思うが、筆者は龍宮窟の景色の中でこの海側に空いた穴の景色が一番好きだ。

伊豆を代表するハートスポット

伊豆を代表するハートスポット

龍宮窟_3

龍宮窟の天窓は遊歩道で囲まれており、数か所の展望所から洞窟を見下ろすことができる。ある1か所の展望所から洞窟を見下ろすと、写真にあるような海食によって削られたハート型の地形が現れる。このハート型の地形が注目を集め、今では伊豆を代表するハートスポットとなっている。撮影した日は平日で、朝7時から開始したため人け(ひとけ)はなかったが、休日ともなるとこの展望所で撮影待ちになるほど観光客が訪れる。

いったいどれくらいの時間をかけて、このハート型ができたのか。天窓にハート型の海食洞、自然が育んだこの偶然の美しさに、畏敬(いけい)の念を抱くのは必然だ。多くの人々を魅了するのもうなずける。

隠れハートを探せ!

隠れハートを探せ!

龍宮窟のことをいろいろと調べていると、隠れハートなるものが存在するとの情報が。筆者は頻繁に龍宮窟を訪れているが、隠れハートの存在は全く知らなかった。このため、撮影当日は「絶対に見つけるぞ」という覚悟で、探索に臨んだ。前情報がなかったら筆者には全くわからない場所だったが(実際何度も訪れているが、そこは見ない)、結果無事に見つけることができ、写真にも収めることができた。

「どこどこから撮影できる」と書きたいところだが、ネタバレになってしまうため、探すのもお楽しみということにしておこう。

天窓を囲む遊歩道

龍宮窟_4

龍宮窟_5

龍宮窟の天窓に沿って遊歩道が整備されていることは前述したが、この遊歩道からはハートが見えるだけでなく、田牛(とうじ)海水浴場やサンドスキー場、伊豆諸島の島々を見ることができる。高い位置から望む海水浴場やサンドスキー場は、地上で見る雰囲気とはまた違った様相。俯瞰(ふかん)して見ることで、改めてその美しさを再認識できる。なお、遊歩道の初めの方には「龍宮神社(龍王社)」が鎮座しているため、こちらのパワースポットに一礼してから散策を楽しもう。

人を惹きつける龍宮窟の美しさ

人を惹きつける龍宮窟の美しさ

人け(ひとけ)がないと書いたが、実はこの日、我々の他に龍宮窟を撮影している方がいらっしゃった。我々はドローンも含め朝7時に撮影を開始したが、すぐ後からクリエーターらしき人が現れドローン撮影を行っていた。ドローンを操る後輩は、ライバル心を燃やし「俺の方が上手い」とか言っていたが、それはさておき、やはり撮影者としては、この龍宮窟の自然美を人がいない状態で撮影したいという欲はある。おそらくその方も、朝早いうちから龍宮窟を訪れ、美しい風景を独り占めしたいという気持ちがあったのだろう。それほど龍宮窟には、人を惹きつける美しさがあるのだ。

龍のマーク

龍のマーク

ふと龍宮窟の入口付近で足下を見ると、本当にたまたま龍のマークを発見。今まで何度も来ているが初めて気づいた。粋な仕掛けだ。龍宮窟の名前の由来は調べてもわからなかったが、このマークを見て「 “洞窟は龍の住処(すみか)であり、天窓は龍が空に抜けていくための道”というようなストーリー仕立てから、龍宮窟と名付けられたのではないか」と、ふと勝手に推測してみた。

ぜひ龍宮窟を訪れ、美しさを体感するとともに、ネーミングの背景を空想してみて欲しい。

龍宮窟の基本情報

龍宮窟(りゅうぐうくつ)

住所:静岡県下田市田牛

TEL:0558-22-1531(下田市観光協会)

駐車場:約10台・500円(夏期シーズン中は1500円)/1日

トイレ:あり

URL: https://www.shimoda-city.info/shimoda/ryugukutsu.html

 

この記事を書いた人

Tomoya Tsuchiya

南伊豆町在住。「Izu Letters」編集部の駄々っ子担当。編集長の悩みの種。最近フットサルを始めたが、全く周りについていけず体力の衰えを痛感。Izu Letters編集部の筋肉マンである後輩に、筋トレを伝授してもらっている最中。ちなみに、お昼は筋肉マンと一緒にプロテインを飲む。

TOP COLUMN 【龍宮窟】伊豆最大級の天窓がある神秘的な洞窟