COLUMN

【ヒリゾ浜】透明度が高く美しい青に感動! 船でしか行けない秘境のビーチ

2022/08/03
10
Ryoko Kawada南伊豆南伊豆町
【ヒリゾ浜】透明度が高く美しい青に感動! 船でしか行けない秘境のビーチ

伊豆の最南端にある南伊豆町。伊豆急下田駅からバスや車で30分ほどかけて行く町だが、多くの観光客が南伊豆の美しい海を求めて足を運ぶ。中でも船でしか行くことができない「ヒリゾ浜」は、美しい秘境の地として知られる、その透明度は沖縄をしのぐほどとも言われている。交通手段が限定され、陸路ではたどり着けないため、自然がそのまま残され、国内でも人気のシュノーケリングスポットの一つになっている。

中木港から渡し船を使って訪れよう

中木港から渡し船を使って訪れよう

「ヒリゾ浜」は国立公園・石廊崎(いろうざき)と中木(なかぎ)の間にあり、中木港の渡し船を利用して訪れよう。7〜9月の夏期のみしか営業していないので、注意が必要だ。ともかく人気スポットなので、駐車場はいっぱいになりがち。9月の方が比較的訪れやすいようだ。

日本トップクラスの透明度。美しい青の色に感動

日本トップクラスの透明度。美しい青の色に感動

「ヒリゾ浜」の辺り一帯は国立公園になっており、人の手が入っていない未開の地。「ヒリゾ浜」を訪れると、日本の海にこんなに美しいところがあったのかと感動してしまう。あまりの美しさにリピーターも多いようだ。

 

ヒリゾ浜 空撮

 

伊豆半島はもともとフィリピン海プレート上にあり、火山活動を繰り返しながら本州に衝突して誕生した土地。日本でありながらも南国のような気候と自然が残され、豊かな黒潮により、南国の魚も訪れる。透き通るような海中と色彩豊かな魚が泳ぎ回る姿は、まさに天然の水族館。

 

ヒリゾ浜 海岸

透明度が高く、浅瀬の海底がそのまま見える美しい海なので、シュノーケリングはちょっとという人や、子ども連れの場合は、磯遊びをするのがおすすめだ。ただし、毒を持つ魚もいるそうなので、素手では触らないようにご注意を。

また、海を眺めながら、ただただのんびりすごすのもいい。アクティブ好きな人、のんびりしたい人と、それぞれに合ったさまざまな楽しみ方ができる。

 

「あいあい岬」からの「ヒリゾ浜」の風景もおすすめ

「あいあい岬」からの「ヒリゾ浜」の風景もおすすめ

美しい海の風景写真を撮りたいなら、「あいあい岬」からがおすすめ。天気がよければ、青と緑の美しい色合いの海が見られる。伊豆半島ならではのユニークな地形が織りなす風景も見応えがあるので、こちらもぜひ合わせて訪れたい。

 

 

ヒリゾ浜の基本情報

ヒリゾ浜の基本情報

ヒリゾ浜(ひりぞはま)

住所:静岡県賀茂郡南伊豆町中木

TEL: 0558-65-1050(ヒリゾ浜渡し組合)/0558-65-0829(中木区事務所)

URL:http://nakagi.jp/

※船の運行情報等はホームページで確認を

アクセス:伊豆急下田駅より東海バスで約40分、「石廊崎オーシャンパーク」バス停で「中木行」バスに乗換え約10分、「中木」バス停下

     車後、渡船乗車。

     伊豆急下田駅より東海バスで約25分、「下賀茂」バス停で「中木行」バスに乗換え約30分、「中木」バス停下車後、渡船乗車。

 

 

この記事を書いた人

Ryoko Kawada

福岡県出身、名古屋の編集プロダクションでデザイン・執筆の仕事をしたあと、2004年に静岡市へ移住。出版社でwebディレクターとして勤務後、2007年に取材・執筆・撮影・編集・デザインを生業とするフリーランスとして活動開始。静岡県内各地を飛び回りながら、静岡の魅力を発掘中。

TOP COLUMN 【ヒリゾ浜】透明度が高く美しい青に感動! 船でしか行けない秘境のビーチ